北工窯(北海道立工業試験場)灰釉片口

5,000円(内税)

商品詳細

北海道立工業試験場野幌窯業分場の窯を北工窯といい、道内の土と釉薬で試作品を制作する窯として活動していた。
以前からよく目にしていたこの片口。
特に銘もない為、一般的な古い雑器として扱ってきました。
近年になり、市場に『北海道開発株式会社』と記載のある札が付いた同じ片口が数多く出回り、初めて北海道のやきものだと認識しました。
『北海道開発株式会社 野幌窯業工場』は小森忍が指導、作陶していたことで知られています。
小森が就任して数ヶ月でこの会社の窯業が閉鎖となり、後に道が建物と土地を買収し、この場所で北工窯として活動が開始されます。
今回の作品の裏の『北海道開発蝓戞慄鵡試窯』の墨書きから、窯業の移行期間の作品ということがわかります。
経年の細かな汚れや擦り傷はご理解下さいますようお願い致します。

サイズ〜W21.5×H8.5
価格〜5,000円
ゆうパックサイズ〜80サイズ

店長からのメッセージ MESSAGE FROM STAFF

サブロク株式会社
アンティークショップ36号線は、30余年前に札幌の繁華街すすきの近くの国道36号線沿いにOPENしました。地下鉄東豊線豊水すすきの駅から国道36号線を東へ歩いて5分の場所にございます。北海道ならではのアンティーク品・骨董品など多数取り揃えておりますので、ぜひお立ち寄りください。